某業者で引越した時の失敗談

 

引越しの決定から移動日まで時間がなく焦って決めたのが悪かったと後悔しています。

 

金額が当時の相場より安かったのに食いついたのもいけなかったのかも…。

 

あらかじめ予定数のダンボールを持ってきてくれるという話なので、個数と日取りを確認し、時間の約束もしました。

 

ですが、午後からの予定なのに、連絡もなしに午前中に来て、どうしたらいいですか?との電話が。

 

仕方ないので子供と一緒に留守番をしてくれていた祖母に連絡して対応してもらいました。

 

さらに、どこに置きますか?と聞かれたので室内の空いているスペースの壁を指示しましたが、30コ分の折りたたんだダンボールをソファにバラバラに立てかけて置いていったのです。

 

指示が伝わらなかったにしても、いささか適当なのではと不安が生まれました。

 

そして引越し当日、不安は現実に…。

 

とにかく荷物の扱いが雑でした。

 

2階から家具を運び出す際には、梱包もせずがたがたと階段にぶつかる音が。

 

1階の家具や段ボールを運び出すのもなんだか安定感のない足取り。

 

私と子供達は電車で移動しなければいけなかったので、荷物を積んだのを確認したあとすぐに出発し、四時間近くかけて新居へ向かいました。

 

着いた頃には夕方で、新居で待っていた母からもう荷降ろしが終わり業者も帰ったことを伝えられました。

 

慌てて室内を確認したところ、床には傷、ソファには側面に大きな穴が!

 

すぐさま電話しましたが、もう戻ってしまったから戻るのに時間がかかるとか、上に連絡しないといけないからとか、最終的には逆ギレ状態。

 

引越しで疲れたやら苛立ちやらでどうでもよくなり、賠償も請求せずに連絡を立ちました。

 

今から十年ほど前の話ですが、こんな業者もあったんだなぁと時折振り返っては気分が悪くなります。

 

家族引越し成功のポイント

 

家族引越しの相場はここまで減らせる!

私は今まで、業者の方に依頼して引越ししたのは一度だけです。

 

その一度で大失敗しているので、偉そうなことは言えませんが…(笑)

 

当たり前ですが、引越し前に荷物の整理をすることをおすすめします。

 

とにかく断捨離!引越しが始まるのは断捨離後からだと思いますし、身も心もコンパクトに移動するのがいいですよ。

 

また、引越しには余裕を持つこと。

 

業者選びは面倒くさがらずにちゃんと複数に見積依頼をしてもらうべきですね。

 

見積の時点で、もし破損等のトラブルの際の対応を確認しておくのも大事です。

 

そして荷物の運び出し、運び込みまで自分の目で見届けること。

 

どれも当たり前のことだと思いますが、ひとつでも怠ると引越ししたあとで後悔しか残らないかもしれませんから。

 

また、子供のいる家庭は引越し先の環境をしっかりチェックしておきましょう。

 

人がたくさんいて、騒音がうるさいところは住みたくないです。

 

人がいても、思いやりや助け合いなとが出来ないような、冷たい人たちがいるところも嫌ですね。

 

逆に人気がない地域も住むのは不安です。

 

何かあった時に周りに頼れる人がいて欲しいからです。

 

あとは、ゴミがたくさんある地域にも住みたくないです。

 

事件が多いところも物騒で安心して住めないです。

 

環境や人を重視してしまいます。

 

他は、物価が高い地域にも住みにくいです。

 

お財布に優しい地域がいいですね。

 

更新履歴