家族引越し・苦労談

 

お見積もりの営業の方は最初はとても親切で、値段も安く引っ越す方法を色々と模索してくれました。

 

サービスも段ボールを用意してくれてよかったのですが、枚数制限があったため、一番大きいのをお願いしたのですが、本などが多かったため、そうゆう場合は小さい段ボールの方がよかったようです。

 

当日、引っ越し業者の方たち皆さん一生懸命、丁寧に仕事をして頂いてとてもよかったのですが、帰る間際に足りないものに気づき、営業の方を呼び止めると「まだ、なんかあるんですか?」と態度が急変しました。

 

そして、「そんなものは知らない。」の一点張りで「早く帰してください。」と言われました。

 

最後に人を見た感じで後味の悪い印象でした。

 

もう二度とこの会社には頼みません。

 

 

 

引越し苦労談(家族引越し)

 

作業自体はすごく丁寧で仕事も早く関心したのですが、アパートの空きスペースに停めたトラックの隣にスタッフが唾を吐いていたのを他の住人が見てクレームへ。

 

帰ったあとにスタッフから電話で「〜〜〜…ということで謝りに行きます。」と言われてから事態を知りました。

 

しかし唾を吐いた張本人はまだ他の作業が残っているから行けませんと言われクレーム担当が夜遅くに来ることに。

 

それも納得できないし、夜遅くなるということだったのでその住人のかたにはすぐに自分たちが謝罪しに行きました。

 

そのあとちゃんと謝罪しに行ったかは知りません。

 

すごくいい方でそのあとは何もトラブルなく過ごしていますが、もう二度とこの会社には頼みません。

 

次はどこよりも安くするからと言っていましたが誰が頼むか!

 

 

 

当時、引越し先のマンションとの提携で引越し業者が「引越しのサカイ」とすでに決まっていたため、他の業者を選ぶことはできませんでした。

 

荷物の梱包(引越しの前日)と引越し先に荷物到着後は自身で荷解きをするプランにしたと思います。

 

専門の梱包作業員は50代ほどの女性2名のみでパートのような感じでした。

 

コマーシャルで見かけるような「お皿専用BOX」や「服専用BOX」などに荷物を詰めるイメージをしており梱包はすぐに終わるものだと思い込んでいましたが、実際は食器や割れ物をクッション材で一つ一つ包んでいかなければならず時間のかかる状況でした。

 

梱包作業員のリミットの時間があるのか夜遅くまで箱詰め作業を一緒にしてくれましたが、時間を気にされて急いでされており二人暮らしなのに荷物が多くなんだか申し訳ない気持ちでした。

 

ダンボール箱に何が入っていると書いたりわかりやすくしたかったですが、そのような余裕もありませんでした。

 

当日は引越し業者の方が指定時間通りに来られ、ちゃっちゃと梱包されたダンボール箱や大型の荷物を運び出されていました。

 

やはり引越し業者さんも時間に制限があるような感じで急ぎ足で淡々と仕事されていました。

 

期待はしていませんがコマーシャルのイメージは崩れました。

 

スピーディーな対応はさすがだなぁと感じました。

 

引越し前の家の思い出に浸る余裕もなく、空っぽになった旧宅の手続きを手早く済ませ引越し業者を追いかけ新居へ向かいました。

 

荷物を中に入れる際に次々に運ばれてくるダンボールや家具に追いつかず、一番広いリビングに置いといて下さいと言ってしまったので、リビングのド真ん中に山積みに積まれたのが残念でした。

 

テレビ設置と聞いていたと思うのですが、指定した位置に「置いた」だけでした。

 

エアコンも洗濯機も「置いた」だけでした。

 

結局、大型の電気機器の線の配線設置は別の業者に来てもらい対応してもらうことになり、その分お金も出ていくことになりました。

 

そのあたりの説明は受けていなかったので、口頭できちんと説明してほしかったです。